押し花に必要な、花の準備をしましょう

どんな花が押し花に適してる?

野や庭に咲いている草花

我が家は田舎なので、道端にいろんな花が咲いています。少し歩くだけで、数え切れないほどの草花 を目にします。

この可憐に咲いている花たちは、摘むとすぐに枯れてしまうんですね。それは水分が抜けやすいからです。 でも、水分が抜けやすい草花の方が、押し花にするのは簡単です。早いものだと1〜2日で押し花になります。

あなたも庭で好きな花を育てて、その花で押し花を作ってみませんか。

※決してよそ様の庭の花や、高山植物を摘んではいけませんよ(^_^;)  押し花に必要なのは、技術やセンスじゃなく、花や自然を愛する心。そしてそれは、人を愛する心でもあります。

お花屋さんで売っている花

お花屋さんで売っている花は、比較的長持ちしますよね。それは、観賞用として売っているので、日持ちする花が多いからです(すぐに枯れちゃったらイヤですよね)。

ですから野に咲く花より水分が多く、花処理が必要な場合が多いです。でも、お花屋さんの花は、キズがついていなくて、魅力的な花が多いのも事実ですよね。

じっくりと花処理をして、キレイな押し花を作りましょうね。

濡れている花

濡れている花は、なるべく避けて晴れている日に採取しましょう。

濡れていても、拭きながら押すおことはできますが、なるべくなら晴れた日に採って押した方が、きれいに押せます。

採ってすぐに押せない時は、花瓶にさしたり、ビニール袋などに入れて、冷蔵庫で保管しておけば、しおれません。

花処理が必要な花

花処理は丁寧にしましょう。花処理を手抜きすると、せっかく押した花がキレイに仕上がりません。

大変でも丁寧に処理すると、仕上がりも満足するものができます。

網静脈の花

静脈網というのは、葉の裏側から見たときに、葉脈の形が網のようになっていて、それがよく見えるものです。この葉の場合は、葉の裏側にたくさんの気孔があり、そこから水分が蒸発していきます。つまり、乾燥しやすいということですから、ほとんどの場合は花処理は必要がありません。

ただ、葉が肉厚な場合は花処理が必要です

例えば、アイビー、レザーファン、ツバキとかがこれに該当します

平行脈の葉

コチョウラン

平行脈とは、葉脈が平行に並んでいるもので、コチョウラン、デンファレ、ユリなどの葉が該当します。

平行脈に葉は、網静脈の葉と違い気孔が少ないために、水分が抜けにくく、 花処理が必要になります

変色した花

ピンクや赤い花を押し花にしたときに、青っぽく変色することがあります。これは、花にシアントンという赤い色素が含まれているためで、乾燥すると青く変色してしまいます

この場合は赤花処理が必要になります

このページTOPへ

MENU
HOME
押し花に必要な機材
押し花に適したお花の準備
押し花の作り方
押し花作品の種類
押し花ギャラリー
誕生花
生徒さんの押し花作品
押し花教室の風景
文化祭

リンク集
押し花のサイト
お花のお店紹介
花が好き
花言葉
花の絵が好き
写真が好き
手芸が好き

管理人の部屋

お問い合わせ
はこちら